還付申告プラン

5年以内の相続税の還付手続き

相続税は申告後5年間以内のものは、払いすぎた税金を還付してもらえる可能性があります。税理士が申告書を作っても特に不動産の評価は難解な部分もあり、評価が甘かったり、減額要因を見落とす等により払いすぎている場合、更正の請求をして払いすぎた相続税を還付してもらいます。

報酬は完全成功報酬制

完全成功報酬制ですので、還付される税額がなければ報酬は頂きません。実際に相続税が還付された場合のみ成功報酬として還付額の割合に応じた報酬を頂いておりますので、ご安心下さい。還付されなかった場合には、費用は一切いただきません。

対象となる方

既に相続税の納付を済ませた方で、かつ提出期限から5年以内の方で次に該当する方が対象です。

  • 相続税の納税額が500万円以上だった方。
  • 土地が1カ所以上あった方。
  • 申告書を作成した税理士が相続税の経験の少ない先生だった方。

手続きはまずご面談から

既に提出された相続税申告書とその附属明細書類をお持ちになって、ご面談の予約をお取り下さい。
まずは申告書を拝見して申告書の作成が甘いところがあるか確認いたします。当初の納税額が多額だった、土地の利用区分が多かった、不動産の割合が比較的高かった等の場合更正の請求を税務署に対して行います。
ただし当初の申告期限から5年を経過してしまった場合は時効により還付されません。
当初申告期限(相続の開始を知った日の翌日から10ヶ月)をご確認下さい。
申告書提出後、相続税の改正があった場合でも、当初申告時の税制により手続きができます。

なお、還付の可能性が少ない場合には、お受けできない場合がありますので、予めご了承下さい。

 

還付可能性の大きい項目を土地で例示すると次のようなケースです。

 
不整形地(土地の形が正方形・長方形でない形の悪い土地)
高圧電線が通っている土地
500㎡以上の地積を有する住宅敷地・アパート敷地・田・畑・空地
1カ所で建物が2棟以上建てている土地
4mに満たない狭い道路に面している土地
無道路地(道路に接していない、または2m未満しか道路に接していない土地)
私道に面した土地
路線価が付設されていない道に面した土地
都市計画道路や区画整理の予定がある土地
傾斜や崖地を含む土地、道路と地面の間に高低差がある土地
市街地にある田・畑・山林
建物の建築許可が下りない土地、
敷地の中に赤道や青地が通っている土地
墓地に隣接していたり、騒音、悪臭等住環境が悪い土地

メニューMENU