生前対策プラン

相続税はある程度事前の対策が可能です。
相続が発生してからご相談に来られる方がしばしばおっしゃっていることは、もっと前から対策を取っておけば良かったということです。
相続が発生してから取る対策は当然ながら限られますので、生前の準備・対策が決め手です。生前対策というと相続税の節税がよく連想されますが、それに留まらず、

  • ・どのように遺産を分けるかという分け方の問題には、遺言書の作成。
  • ・いかに相続税を支払うかということについては、納税資金の確保の観点から納税資金対策。
  • ・事業を経営されている方の事業承継では株式の分散と経営権や納税猶予等の問題があり、対策を取っていく段階で提携している行政書士、司法書士、弁護士事務所の各専門家とも必要に応じ、当事務所にてワンストップでお手伝いさせていただく体制を整えています。

プランについて

生前対策は次の3プランがあります。

Aプラン (疑問点解消プラン)

個別の質問や疑問にその場でお答する質疑応答のみご希望の方が対象です。
テーマを予めお聞きした上で、ご面談時間により、1時間1万円のタイムチャージ制です。
個別の疑問点・不明点についてその場で解決していくプランです。

Bプラン (相続税試算プラン)

相続が発生した時にどのくらいの納税資金を用意しなければならないかを試算します。
次のCプランのように対策を提案するのではなく、試算段階までのお手伝いになります。
万一の際にどのくらい相続税支払い資金を用意しなければならないかを把握しておくことは相続税対策上大事な一歩です。手元資金で納税が可能であればとりあえず一安心できますし、不足するようであればその時点でプラン変更することもできます。

Cプラン (対策検討プラン)

相続税試算に加え、現状の税額を把握した上で、問題点を列挙すると共にいくつかの具11的提案をし、そのメリットや効果についての報告書を作成します。その中から実現したい対策があれば、実行に移していきます。短期的対策や長期的対策がありますので、数年かけて実現していく場合があります。

代表的な例としては、・・
・最良の分割方法の検討
・土地評価・非上場株式評価の引き下げ
・生前贈与対策
・生命保険による納税資金等の対策
・養子縁組の検討、公正証書遺言作成
・資産の組み替えによる相続財産評価の減額、見直し
・法人設立
etc.が挙げられます。

生前対策プランの報酬

遺産総額報酬額
BプランCプラン
1億円以内10万円20万円
1億円~3億円20万円30万円
3億円30万円50万円
5億円以上30万円別途お見積り

Bプランは土地評価は路線価×地積とし、画地補正はおこないません。 従って下記個別報酬は不要です。ただし、非上場株式がある場合別途料金がかかります。

Cプランの場合の個別報酬

個別報酬
土地
1利用区分につき
40,000円
非上場株式
1社につき
150,000円

個別案件の申告手続き

おしどり贈与、住宅資金贈与等各種贈与税申告

また、20年以上の婚姻期間のあるご夫婦で自宅の2000万円無税で移転できる「おしどり贈与」の贈与税申告や親から子、孫への住宅資金贈与税申告、精算課税贈与申告など個別案件の贈与申告手続きも行っていますので、ご照会ください。

メニューMENU